Wondering What The Best Hair Remover Is?

As Maya thumbed idly through the fashion magazine she idly wondered about the best hair remover. “Look at all those models in those bras, underwear, and swimsuits, they are so hair free and smooth!” she thought to herself.

“Of course, they use airbrushing these days, but still, they can’t be gorilla’s to start with!” she reflected.

“They have to be using something to remove excess hair, I wonder what?” she pondered to herself.

“I bet they get waxed in salons, they probably have the pocketbooks for it.” she thought to herself.

“No, silly, if they have pocketbooks for salons, they have the money for laser hair removal or electrolysis!” she had a brain flash.

“Why put yourself through the pain of waxing every three to six weeks, because that’s how long it lasts between wax jobs.” she said to herself as she began to absently stroke the cat that had jumped up into her lap.

“Not when you can get the hair removed permanently using electrolysis. But, it can leave scarring if done improperly.” she thought.

“And state licensing varies from state to state, I wonder what the requirements are for my state?” the thought flitted through her mind.

“And the fine needle or probe being inserted into your skin to send the low-level electric current to your hair follicle must cause some pain.” she considered to herself.

“No, I don’t think electrolysis is for me.” she concluded to herself.

“There is always laser hair removal, or pulsed light is another option these days, I guess. I think it is much the same. Both use waves of light to target the melanin of the hair to destroy the hair follicle.” she thought as she continued to pet the cat which was purring loudly by now.

“But my hair is blond, and laser hair removal does not work well on blond, white or gray hair, it works best on people with dark hair and light skin.” she continued to reflect.

“I guess that leaves me out, it would be too expensive and multiple sessions would be hard to keep up with anyway!” she was feeling kind of exasperated as she thought about the problem.

“So, what does that leave little Ole me?” she was feeling unhappy with her options.

“Hm, depilatories don’t really work well for bikini lines, and you can’t use them on sensitive body parts like pubic areas anyway!” Maya thought in disgust as she picked up the magazine again and started to thumb through it again.

Then, she spied an ad for a body shaver in the magazine.

“What’s this?” she thought.

“A shaver? I’ve never considered a shaver. That might be the solution to my problem here!” she said to herself as she began to review the ad in interest.

“It comes with a body trimmer to trim, shape and sculpt body hair. That’s good! I can certainly use that!” she thought.

“Whooee, a French “landing strip” and all! That would be something! I could surprise Max with that!” she reflected as started to get excited at the idea.

“And this shaver provides a silky smooth shave, great for intimate areas, bikini lines, underarms, and face! That does it! This is just what I need!” she thought to herself excitedly.

“I’m going to give these models a run for their money, you just wait and see!” she thought feeling satisfied with herself.

Mayaはファッション雑誌を通してぼんやり使い込まとして、彼女はぼんやり最高の毛の除去について疑問。 “それらのブラジャー、下着、そして水着のすべてのこれらのモデルを見て、彼らはとても自由で滑らかな髪です!”彼女は彼女自身に考えた。”もちろん、彼らは、これらの日エアブラシ使用していますが、それでも、彼らはゴリラので開始することはできません!”彼女が反映されます。

“彼らは過剰な毛を除去するために何かを使用してしなければならない、私は何だろうか?”彼女は彼女自身に熟考。

“私は、彼らがサロンでワックス取得賭け、彼らはおそらくそれのために手帳を持っている。”彼女は彼女自身に考えた。

“彼らは、サロンのために手帳を持っている場合はありません、愚かな、、彼らは、レーザー脱毛や電気分解のためのお金を持っている!”彼女は脳のフラッシュを持っていた。

“それはそれは、ワックスジョブ間続くどのくらいだから、なぜ、3〜6週間ワックスの痛みを身を置く。”彼女はぼんやりとストロークに彼女の膝に飛び上がっていた猫を始めた彼女は自分自身に言った。

“あなたは電気を使用して恒久的に削除され髪を得ることができていないとき。不適切に行われた場合でも、それが瘢痕化しておくことができます。”彼女は思った。

“そして、状態のライセンスは状態から状態へと変化し、私は要件が私の状態のためのものだろうか?”彼女の心を通してflitted思った。

“そして、あなたの毛包に低レベルの電流を送るために、お肌の中に挿入されている細針またはプローブは、いくつかの痛みを引き起こす必要があります。”彼女は彼女自身に考えた。

“いいえ、私は電気分解は私のためだとは思わない。”彼女は彼女自身に結論付けた。

“常にレーザーがある脱毛、またはパルス光は、これらの日の別のオプションですが、私は推測する。私はそれがほぼ同じだと思います。光の両方を使用する波が毛包を破壊するために、髪のメラニンをターゲットにする。”彼女は今では大声でごろごろされた猫をペットに続けた彼女は思った。

“しかし、私の髪はブロンドで、レーザー脱毛は、ブロンド、白または灰色の髪でうまく動作しません、それは黒い髪と光の肌を持つ人々に最適です。”彼女が反映されるように続けた。

“私は私を残していると思います、それはあまりにも高価で、複数のセッションになりますとにかく追いつくのは難しいだろう!”彼女はその問題について考えたとして、彼女は怒ったのようなものを感じていた。

“だから、それは私は少しオレに何を残すのか?”彼女はオプションに不満を感じていた。

“フム、脱毛は本当にビキニラインにうまく動作しない、あなたがとにかく恥骨エリアのような敏感な体の部分にそれらを使用することはできません!”彼女が再び雑誌を拾い、再びそれを介して親指を始めとしてMayaは嫌悪感に思った。

その後、彼女は雑誌でボディシェーバーの広告をスパイ。

“これは何ですか?”彼女は思った。

“シェーバー?私はシェーバーを検討したことがない。それはここに私の問題への解決策かもしれません!”彼女が興味に広告を検討し始めたように、彼女は自分自身に言った。

“これは、トリムするボディトリマー、形状やスカルプト体毛が付属しています良いですね!私は確かにそれを使用することができます!”彼女は思った。

“Whooee、フランスの”滑走路 “とすべて!それは何だろう!私はそれでマックスを驚かせることができます!”彼女は、アイデアに興奮し始め反映。

“そして、このシェーバーは、絹のような、なめらかな剃り親密な地域のための素晴らしい、ビキニライン、脇の下、顔を提供しています!それはそれをしない!これは私が必要なものばかりです!”彼女は興奮して自分自身に考えた。

“私は、これらのモデルに彼らのお金のために実行を与えるつもりだ、あなただけ待っててください!”彼女は彼女自身に満足して感じと思った。

Bikini Hair Removal Home Page

カテゴリー: ezbikinihairremoval.com   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。